金運を引き寄せる!宝くじ高額当選者の共通点

徳川埋蔵金(赤城山の幕府御用金)

群馬県の赤城山中に隠されたと言われる徳川埋蔵金。

 

 

1990年代(1990年〜1995年)にテレビ番組「ギミア・ぶれいく」の中で「徳川埋蔵金シリーズ」として特番発掘プロジェクトが放送され、最近では2016年にTBS系列で「徳川埋蔵金プロジェクト2016」が放映されたことから、多くの日本人が徳川埋蔵金の存在を知っている世界的に有名な隠し財宝の一つになっています。

 

 

 

発掘が行われたのは水野智之氏(故人)の私有地で、この地は水野氏の祖父の代からずっと発掘作業が行われてきた場所だったようです。

 

 

そのため、現在では度重なる発掘作業が行われたことで、円周約400メートル以上、深さ約50メートル以上もある巨大な大穴が作られています。

 

 

 

そもそも徳川埋蔵金は、江戸時代末期の大老・井伊直弼が幕府を再興する資金として江戸城に準備されていた御用金(現在の価値で約200兆円を超える)を、明治新政府からの目を逃れるため埋蔵する計画を立てて、勘定奉行・小栗上野介によって実行に移したことが事の発端になっています。

 

 

一説には、江戸時代以前に東京湾にも注いでいたと言われる利根川(現在は群馬県から埼玉県、茨城県と千葉県の県境を流れる)を使って御用金を運んだとも言われており、実際に明治時代が始まって間もなく、水野氏の祖父が旧幕府の武士・中島蔵人から赤城山中に御用金が埋蔵されていることを文書などで告げられたそうです。

 

 

そして、日本橋の事業者として莫大な財産を築いた水野氏の祖父は、残りの人生を国家プロジェクト級とも呼べる徳川埋蔵金発掘事業に賭けて財産を投資し、その発掘作業を行っていく中で、重さ720グラムの「黄金の家康像」や地図や文字が刻まれた3枚の銅板などを発見したのです。

 

 

しかし、金貨などの財宝は現在まで一切発見されていません。

 

 

 

ネットトレジャーハンティングゲームで財宝を引き当てろ!

 

最近、「日本にカジノリゾート施設ができるかもしれない...」といったカジノ関連ニュースが多く出回っている印象がありますが、この流れを受けて何かと話題になっているのが、海外のトレジャーハンティングゲーム「オンラインカジノ」です。

 

 

なぜオンラインカジノは、世界中で良くも悪くも注目されてきているのか...!?

 

 

その答えを解くカギは、「インターネット」「スマートフォン・タブレット」「高い信頼・安全性」「大当たりの出やすさ」の4点にあるようです!

 

 

 

当サイト管理人と副管理人が自腹で時間を削って調査を重ねた、海外で主流のトレジャーハンティングゲームオンラインカジノの検証情報を大公開!

 

 

いつ見るの...!?「今でしょ!!!

 

 

★オンラインカジノを選ぶべき8つの理由とは?

詳細はコチラ ≫

※ 別サイトへ移動します


 
トップページ ファッションで金運アップ 風水で金運アップ 神社で金運アップ タロットで金運アップ 相互リンク募集中