金運を上げる!宝くじ高額当選者の共通点

ロスチャイルドの仮想通貨IMMO

世界の富の90%近くが埋まっていると言われるヨーロッパでは、15〜16世紀頃の中世時代からハプスブルク家、オーストリアハンガリー帝国などの貴族たちが長きにわたり資産運用を行ってきましたが、彼ら貴族たちの後ろ盾を得てきたのがロスチャイルド一族です。

 

 

ロスチャイルド家は、イギリス王家とともにイングランド銀行から通貨発行権を得て、現在では資産1京円以上を所有すると言われていますが、2018年にロスチャイルド家が仮想通貨を発行するという情報が、仮想通貨業界の関係者や専門家の間で大きな話題に上りました。

 

* アメリカ側のロックフェラー一族で資産1,000兆円規模。

 

 

 

じつは2018年7月に開催されたG20(アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、EU、ロシア、中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、オーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビア、トルコ、アルゼンチンの合計20ヵ国による国際会議)でも、この仮想通貨の話題が出されたとされており、ロスチャイルド家は仮想通貨への投資のほかにも、様々なプロジェクトへの参画を考察しているそうです。

 

 

その中の一つ、仮想通貨のプロジェクトは「IMMO」と呼ばれるもので、金利変動の影響を受けない安定した資産になる通貨になるとの話ですが、それが不動産や金など既存資産をベースとするコインになるのかどうかは現在まで判明していません。(2018年12月時点)

 

 

 

しかし、もし彼ら一族が参画するプロジェクトが世界中を巻き込むような暗号資産を形成するとなれば、瞬く間に莫大な資産価値を持つ通貨になる可能性は考えられるでしょう。

 

 

 

ネットトレジャーハンティングゲームで財宝を引き当てろ!

 

最近、「日本にカジノリゾート施設ができるかもしれない...」といったカジノ関連ニュースが多く出回っている印象がありますが、この流れを受けて何かと話題になっているのが、海外のトレジャーハンティングゲーム「オンラインカジノ」です。

 

 

なぜオンラインカジノは、世界中で良くも悪くも注目されてきているのか...!?

 

 

その答えを解くカギは、「インターネット」「スマートフォン・タブレット」「高い信頼・安全性」「大当たりの出やすさ」の4点にあるようです!

 

 

 

当サイト管理人と副管理人が自腹で時間を削って調査を重ねた、海外で主流のトレジャーハンティングゲームオンラインカジノの検証情報を大公開!

 

 

いつ見るの...!?「今でしょ!!!

 

 

★オンラインカジノを選ぶべき8つの理由とは?

詳細はコチラ ≫

※ 別サイトへ移動します

ロスチャイルドの仮想通貨IMMO関連ページ

黄金列車(ポーランドの財宝/トレジャーハンター)
インカ帝国エルドラド(スペインの黄金財宝/トレジャーハンター)
ヴィマナ(ラピュタのモデル/トレジャーハンター)
ウィリアムキッドの財宝(オーク島/トレジャーハンター)
M資金(日本軍の財宝/トレジャーハンター)
アマゾン黄金郷Z(アトランティスの財宝/トレジャーハンター)
徳川埋蔵金(赤城山の幕府御用金)
日本軍の山下財宝(フィリピンルソン島/トレジャーハンター)
キャプテンウィリアムキッドの財宝(大神島/沖縄県宮古島)
バミューダトライアングルに沈む財宝(サンミゲル号/スペイン)
リマの秘宝(コスタリカの宝島財宝伝説)
死海文書(イエスキリストとロックフェラー)
テンプル騎士団(フリーメイソン)の財宝&秘宝
ホープダイヤモンド(トレジャーハンター)
ツタンカーメンの財宝&秘宝(ピラミッド/エジプト)
バイキングの財宝(イギリススコットランド)
ホクスンの財宝(イギリスイングランド)
ローマ皇帝の記念金貨(イスラエル)
暴君ネロのローマ金貨(エルサレム)
クリスタルスカル(水晶髑髏)
英国王室コーイヌールのダイヤモンド(インド)
ギベオン(鉄隕石)
イミラックパラサイト(石鉄隕石)
ウィラメット隕石(Willamette)
ブーゲンビル島の天皇金塊財宝
北米カナダのゴールドラッシュ財宝
バンコクのルビー&サファイア

 
トップページ ドレスで金運UP 風水で金運UP 神社で金運UP タロットで金運UP お問い合わせ